英語 / 日本語

 

BJMRIボストン医療支援団)は現在「三陸プロジェクト」に協働して活動中です!詳細は三陸プロジェクトホームページ及びブログをご覧ください!

 

News/Reports

  • 2012.08.13. Updates from BJMRI Boston-Japan Medical Relief Initiative was formed immediately following the Great East Japan Earthquake of March 11, 2011 in order to coordinate Boston-area physicians, hospitals, medical research centers, and ...
    Posted Aug 21, 2012, 12:44 PM by mami sato
  • 2011.10.7: Report "Medical Relief Support at Ishinomaki -Hypertension and Alcoholism-" I am a pediatric nurse from Children's Hospital Boston.  I joined the Japanese volunteer nursing organization called Cannus, and came to Ishinomaki for one week. Currently, the main focus ...
    Posted Feb 14, 2012, 1:37 PM by BJMRI 事務局
  • 2011.9.5: Report "Medical Relief Support at Kesennuma Public Hospital" Below is a report from a Gynecologist who volunteered at Kesennuma Public Hospital in September, 2011.          1. 気仙沼市立病院   2011年95日夜より9日夕方まで、気仙沼市立病院でボランティア活動に従事いたしました。   気仙沼市立病院は震災前、月間30程度の分娩を取り扱う中規模中核病院だったそうです。常勤医は2名でそのお2人で分娩の他に悪性腫瘍の手術や治療 ...
    Posted Feb 14, 2012, 1:25 PM by BJMRI 事務局
  • 2012.1.1 New Beginnings: Volunteering in Ishinomaki はじめまして — My name is Angela Lee, and I’m a sophomore at Harvard majoring in social anthropology, with a specific interest in mental health in Japan.  This January I joined ...
    Posted Feb 2, 2012, 8:24 AM by BJMRI 事務局
  • 2012.1.7 Reconstruction My goal for the day is to remove “every nail in the house.”  Somehow by dark, I come pretty close – it’s unfortunately a job much more difficult than it ...
    Posted Feb 2, 2012, 8:24 AM by BJMRI 事務局
Showing posts 1 - 5 of 32. View more »




Boston- Japan Medical Relief Initiative (BJMRI)とは


  Boston-Japan Medical Relief Initiative (日本語名称:ボストン医療支援団)は主に米ボストン在住日本医師及び公衆衛生の専門家が集まった団体です。3月11日に起きた東日本大震災について医療支援をはじめとする被災地の方への支援、および医療支援ネットワーク作りが主な活動です。
BJMRIはHarvard For Japanメディカルサポート部門のメンバーでもあります。

BJMRI



Mission

  当団体は米ボストン地域の医療及び公衆衛生のコミュニティーを結集し、3月11日起きた東日本大震災の復興に寄与することを目的としてます。当団体の活動は下記を含む中長期的な災害復興支援を目的としています。
  • 在日本パートナーの協力のもと、医療のプロフェッショナルボランティアグループを準備し、日本へ派遣。
  • 日本人医師を個人単位で、被災影響の大きい病院や専門医の不足している診療所へ派遣。
  • 医薬品や救援物資を日本政府が推奨するNPO団体への輸送。
  • その他の災害復興支援活動の運営。

目的と活動

A. 被災地へ日本人医師の派遣

 BJMRIの主な目的は被災地域にある病院及び医療施設へ短期医師派遣を効率良くコーディネートすること。受け入れ側からの派遣医師に対する専門分野、能力などの要望を踏まえた上で派遣医師を認定、スケジューリングなどを行う。

 

B. BJMRIの発展

 震災復興の長期化を考え、ボストン地域の医療関係者の復興支援活動を支持する。集会などを通じボストンの医療コミュニティと被災地の医療機関との連結を強める。

 

C. 医療物資、救援物資の輸送

 日本側の要請のもと、医療物資や一般救援物資を輸送する

 
 
 

設立者

Boston Japan Medical Relief Initiativeは橋本陶子、津川友介、田中義弘によって設立されました。

 

 

 

運営委員会

 

代表

橋本陶子

ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカル・センター 博士研究員 (リウマチ学研究室)

 

副代表

津川友介

ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカル・センター 研究員 (一般内科)

ハーバード公衆衛生大学院・公衆衛生学修士課程

 

医師チームリーダー

田中義弘

マサチューセッツ総合病院・研究員 (産婦人科)

 

和多田晋

マサチューセッツ総合病院・研究員 (外科)

 

公衆衛生研究者

今村文昭

ハーバード公衆衛生大学院・博士研究員(疫学)

 

運営コーディネーター

酒井由紀子

ハーバード ビジネス スクール・MBA課程

 

プログラムコーディネーター

ロルビンサイラス

ボストン大学・Center For English Language and Orientation Programs上級講師

Ed.D課程

 

会計担当

緒方憲太郎

緒方会計事務所

 

小野 明子
ボストン東スクール

 

法務担当

澤山啓伍

ハーバード・ロー・スクール 法学修士

 

ロジスティックス・BJMRI広報担当

佐藤満実子

商船三井ロジスティックス・オペレーションコーディネーター

 

現地ロジスティックス担当

丸山智久

Envirome Inc.・代表取締役

 

 

 

顧問機関

 

テッド・ギルマン

ハーバード大学ライシャワー研究所 副所長

 

平井利長

在ボストン日本国総領事館 領事 

 

マイケル・ライシュ

ハーバード大学公衆衛生大学院教授(国際保健政策)

 

ラッセル・フィリップス

ハーバード・メディカル・スクール 医学部教授

ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカル・センター 一般内科部長

 

イチロー・カワチ

ハーバード大学公衆衛生大学院教授(社会疫学)

 

出雲正剛

CVM Consulting主任

Novartis Institute of Biomedical Research副社長

元ハーバード大学医学部教授

 

 

謝辞

Boston Japan Medical Relief Initiativeは下記の団体および個人の支援のもと活動しております。

 

後援

- ジャパニーズ・デザースター・リリーフ・ファンド・ボストン

- 松坂大輔・倫世 様 (ボストン・レッドソックス)

 

 

協力

- ボストンインターナショナルトラベル

- ENVIROME株式会社

- 株式会社ants

- ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカル・センター・

- 日本ユニバ震災対策チーム

- おかざき真里 様

- イースタンマウンテンスポーツ

Comments